アラキの心くばり

<New>歩まれてきた軌跡

 

大病を患い、余儀なく長い入院生活をすることとなった故人様。

 

ご自身の最期を迎えるにあたり、

ご家族様に様々な事をお伝えしておりました。

 

 

これまでの感謝の言葉、

最期に用意をしていただきたいもの、

祭壇の色やお棺・お骨壷の色、

更にはお葬式の形式から

呼んでいただきたい参列者の方など。

 

故人様のご意思に沿うよう、

残されたメッセージを元にご遺族様と

お打ち合わせを進めさせていただきました。

 

「わたしがどんな人で、」

「どんな人生を歩んできたのかを」

「皆さんに知っていただきたい。」

 

そんな強い想いが感じられました。

 

生前、打ち込んでいたアクセサリー作り。

ご遺族様に了承をいただき、そのアクセサリーの数々と、

お借りし、故人様の想いに応えるべく

ロビーにそれらをお飾りした

まるで展示スペースを彷彿させる想い出コーナーを

展示させていただきました。

 

また、生前良く嗜まれていたシャンパンやコーヒー、

そしてグラス・コーヒーカップをお借りし、

お供えをさせていただきました。

 

ご参列をいただいた皆様は、

故人様が生前にご指名をされた深いご縁がある方々。

想い出コーナーをご覧なられたほとんどの方が

「◯◯ちゃん、コーヒーが好きだったね。」

「良くシャンパンを飲んでたよね。」

「こんな素敵な趣味があったんだ。」

 

そんな驚きと懐かしさを感じておられました。

 

歩まれてきたこれまでの人生の軌跡。

 

それを感じていただける時間だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ